福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

ブログ添削(校正)サービスを開始します

      2015/04/22

スポンサーリンク

IMG_6146

ブログの文章を添削するサービスをはじめたいと思います。

私は、文章を書く仕事をしています。
そして、様々なブログを読んで情報を得て、自身も、日記や仕事の実績情報などをブログにて更新しています。

ブログで情報発信をしている方々は、内容や写真、さらに文章を、自分一人で編集しているんですよね。

これは本当に凄いことなんですよ。

雑誌や書籍をつくるには、編集者、ライター、カメラマン、デザイナーなどが分業しています。あと広告担当の人もいます。
ブログに記事を書く時、みなさん無意識のうちに一人でこなしているわけです。
しかし、ブロガーさん達の今の生活に至るまでの境遇って、千差万別ですので、どうしてもクオリティに差がある。当たり前なんです。キャラクターもありますしね。
日々、文章を書き綴るお仕事に就いてたり、そうじゃなかったり。

ということで、「文章に自信が無い」がゆえに、情報発信が滞っているのならば、そこでお手伝いして恩返し的なことができるのでないか? と、ぼんやり考えるようになりました。

キャラクター性(文体など)を全面に押し出しているブログは別として、
「日本語、大丈夫かな」「公開した記事、読み返すといつもアレ? って感じ」という人のために、他人である私が校正してみるのは、もしかすると需要があるのかな? ないのかな? と思ったわけです。

わからないので、ひとまずやってみようと。
需要がなければやめます。

ブログの書き方に正解はありませんが、日本語というルールはあります。
また、たくさんの人に伝えたい気持ちが大きいほど、文章表現は「保守的」であることが必要であると考えています。意外ですか?

「保守的」って、嫌な響きですか?
しかし、伝えたければ、さらに言えば様々な年齢層に伝えたければ、誰が読んでもわかる言葉で書くべき、いや、そう書いたほうが良いと思います。

といいつつ、
自分も書き上げたブログ記事を、すぐアップして後悔しつつコッソリ直したりしていますけどね。
Webのように修正が効かない雑誌だと、書いた本人が何度も見直すことはもちろん、なるべく沢山の人の目に確認してもらって、直されて磨き上げられた文章が最終的に本に掲載されます。

ご興味のある方、いかがですか?
自分の文章に自信がない方、私に預けてみませんか。

※グーグルアカウントを持っていると、とっても簡単です。
5/15まで無料キャンペーン
TwitterやFacebookのDM、業務案内に掲載しているメールアドレスにご連絡ください。
なお、第3者などへの情報提供などは一切いたしません。当たり前ですが。

 

 - 仕事