福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

ハッピーラクガキライフ in 福岡(2017/1/28) #happyrakugaki

   

スポンサーリンク

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_1998-1

ラクガキで今年の目標を再認識

関東の友人タムラカイ氏が、ふたたび福岡にやってきました。

ハッピーラクガキライフの第2回を開催しました。

前回よりも、かなりパワーアップしていて、2017年がスタートし、個人的に落ち込んでたところにちょうど良く心が救われた感じがします。

個人的に1月で良かった。マジで。

自己紹介からしてイイ!

線で感情を表現したり顔の表情の書き方、といったデモンストレーションは前回もやりましたが、次は自分の自己紹介を8つのマス目に書くこと。

枠があるおかげで、趣味などを”強制的に”書き出していける。

そうすることで、誰かと共通項が見いだせたりすると、途端に仲良くなる。

現に、好きなバンドとかクルマとか色々な共通項で打ち解けている様が、会場のあちこちで起こっていました。

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_2002-1

エモーションマップは自分に問いかけるコーチングのような存在

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_2001-1

これも考えすぎてしまうと手が止まりがちになるので、冒頭で学んだ「表情」を適当にどんどん書いていきます。

自分の周りに、喜び、悲しみ、とかとりあえず書く。そして吹き出しを書き入れます。

すると、その表情に合わせた言葉が飛び出してくるという仕組み。

例えば、悲しい顔だと、仕事でうまく行かなかったこととか。でもこれでOK。

迷っていることも、次にどうするか、どう進めていこうか、と客観的に書ける。

それを吹き出しの外側に書いていくと、ステップを踏んで心の整理がつくと。

自分から出た良いこと悪いこと、そのまわりに「こうすればいいんじゃないか」という未来が見えてくる。

このスゴイところは「誰かに相談して出た答えではなく自分から出てきた言葉」ということ。

頭の中だけで解決してなんとなく忘れて、また同じことを繰り返す、ということがない。

しかも絵で残るわけです。

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_2003-1

最後にスパイラルマップ

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_2005-1

最後にスプリングのような、大きな波線を書いて両端に、

今と未来になっていたい自分を書く。

すると、段階を踏んでしなければいけないこと、準備していくことがわかる。

何が自分に必要なのか、人に相談しなくてもわかる。

で、絵で残る。コレすごいでしょ。

この書いた絵を壁に貼っておけば、日々忘れない。

で、たまに書き直したり。その時の自分の状態(スタート)はわかっているので、

またゴールをなんとなくでもいいから設定してあげれば、「走り出す絵」になるわけです。

違うな、と思ったら書き直せば良いだけです。

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_2004-1

絵のウマイヘタではなく、頭の中の”なんとなく”をハッキリさせる

tamukai_RAKUGAKI_Fukuoka_1999-1

こうして3時間のセミナー、終わるころには参加者達みんなが未来の目標や、自分のことを再認識できたと思います。

答えは常に自分の中にある、ということをわかりやすく自分で認識できるのが、このハッピーラクガキライフです。

やることがわかっていて、いつでも更新できるっていうのが、自分の中で納得できて気持ちよかった。

タムカイさん、ありがとうね。

すべてを取り仕切ってくれたりくまさん、たいへんお疲れ様でした。

尊敬できる友達がいるっていうのは素敵なことです。

自分もキャラクターづくりのために、赤いメガネを買いました。タムカイさんに選んでもらったヤツ……お気に入り。

 - 生活