福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

MICHELIN(ミシュラン)”プライマシー3″を装着してみた 〜福岡市中央区の村上タイヤで購入・交換

   

スポンサーリンク

michelin_primacy-3_65552

愛車のタイヤを購入しました。

昨年の車両購入後、およそ1年が過ぎましたが、購入直後から唯一気になっていたのがタイヤの劣化でした。

そこから、なんと2万km近く走行してしまい、さすがにそろそろ新調しないと、という自分の中でプレッシャーが大きくなってきました。

日々の遠方取材の足として、何かがあってからでは遅いですし。まあ、クルマ買ったときから手遅れだったのですが、運良く無事故できました。

今回、購入したタイヤはミシュランの「PRIMACY 3:プライマシー3」というコンフォートタイヤの部類のモデルです。

自分の車のタイヤサイズですと、意外とタイヤの選択しが少ない印象で、ミシュランで装着できるのは、他に「パイロットスポーツ3」しかなかったりします。こちらは、ちょっとスポーツタイヤの要素もあり、価格もプライマシー3と同価格であったため、快適性を求める自分としてはプライマシー3かな、と思いオーダーしました。

購入したのは、全国のクルマ好きがタイヤで悩んだらココ、というほどの技術と知識と在庫をほこる「村上タイヤ」さん。

で、作業予約をしてお店へ。

michelin_primacy-3_71056

さっそく作業開始・チェンジャー3台がかりでアッという間に交換終了

michelin_primacy-3_65752

michelin_primacy-3_70030

michelin_primacy-3_71933

michelin_primacy-3_72123

michelin_primacy-3_72234

タイヤチェンジャーがね、3台あるんですよ。

同時3本組み替えることができれば、そりゃアッという間に終わりますよね。

でも、スタッフの作業している様子は、とても丁寧なんです。

ありがたや。

ドイツ車特有のホイールのハナシ

michelin_primacy-3_71503

ハブとホイール側の車軸穴のスペース、ドイツ車はほとんどクリアランスがありません。

これは一体感を増して、剛性をもたせるためだと思います。

国産車の多くは、ここに隙間があることがほとんどで、ナットを緩めればすぐにタイヤが脱着できます。

ドイツ車は、ボルト(国産と違い、外からボルトをねじ込むスタイルが多い)をすべてはずしても、密着度が高く、相当力を入れないとホイールが外れてくれなかったりします。

上の写真のように、村上タイヤさんではタイヤチェンジャー用のアタッチメントをメーカーごとに用意しており、他にBMW用などもあるとか。

完成〜ちょっと走ってみた感想

michelin_primacy-3_74243

作業終了後、福岡都市高速を1周走行してみました。

感想としては、

ロードノイズの減少

乗り心地の向上(振動の少なさ)

ブレーキ時の安定感

といったところでしょうか。

今までが酷すぎた、ということもありますが、12年落ちのベンツはやはり高級車だったのだ、と思わせてくれる乗り味です。

まだまだ、感想はこれから書きたいと思いますので、乞うご期待ください。

michelin_primacy-3_72314

michelin_primacy-3_74412

村上タイヤの村上社長、ありがとうございました!

michelin_primacy-3_70246

 - メルセデスベンツ, 乗り物