福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

熊本空港のとある展示パネル 〜”カテゴリー3”ってナニ?

   

スポンサーリンク

kumamotoairport_category3_5481

先日、取材で訪れた熊本空港に、この空港が「カテゴリー3」という規格で運用されているパネルを見つけました。

kumamotoairport_category3_20421
この色褪せたパネルが目についたので、よくよく見てみると「日本初のカテゴリー3」と書いてありました。

カンタンにいうと「条件によっては、視程がほとんど無くても自動着陸ができる」ということのようです。

標高が高いところは霧が発生しやすく、場合によっては引き返したり、別の空港に行かざるを得なかったりするわけですね。

それが、専用の設備によって、悪天候下で着陸できる可能性を飛躍的に向上させている、と。

その説明がされているパネルを紹介していきましょう。

kumamotoairport_category3_20436

正確には、カテゴリーⅢbという規格のようです。

1995年に日本初のⅢa運用開始、そして2006年にⅢb規格になったようです。

現在では、日本国内の主要な各空港で採用されています。

kumamotoairport_category3_20523
フムフム

kumamotoairport_category3_20549
ちょっと、拡大してみましょうか。

kumamotoairport_category3_20601
わかりやすいビジュアル。

kumamotoairport_category3_20626

ちょっと、個人的におや? と思ったことがあるのですが、広島空港も霧が多い印象があって着陸できない、というケースをちょくちょく聞きます。

何故かというと、同じカテゴリー3であっても、東側からの着陸では誘導に使用されるILS(計器着陸装置)がないので、そういう条件が揃ってしまうと降りられないこともあるようです。確かに西側から空港に向かうと、大きなやぐら状のILS装置が現れます。

脱線しましたが、最近の熊本空港の様子。

kumamotoairport_category3_5486

kumamotoairport_category3_5493

九州遊びにきてください。

 - 乗り物, 九州, 熊本