福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

MVNOへの道 その1 残債や回線を整理する

      2014/10/22

スポンサーリンク

10/22更新「MVNOへの道 その2 SIMアダプターを注文

●MVNOに移行する準備をスタート

現在、夫婦でソフトバンク回線のiPhoneを電話として使用中。
回線をMVNO SIM(通称:格安SIM)に移行させていくために、
準備をスタートしました。

自分たちが使用しているiPhoneは、
一昨年の10月に購入したiPhone5 32GBと、
昨年発売日に購入したiPad Air 32GB(ソフトバンク回線のセルラーモデル)。
妻は昨年、iPhone 5c 32GBに機種変更。

すべての回線において、2年縛りのプランで契約中です。
手始めとして、
月額1300円(親回線アリでiPad Airは2GBの高速パケット通信プランが使用可能)で運用していたiPadAirの回線を解約しました(10260円)。
同時にダラダラと払っていたiPhone5の機種代金の残りを一括精算。24回の分割で、あと3回ほど(7710円)残っていました。

 

妻の回線も自分の方が落ち着いてから、MNPを検討していきたいと思います。格安SIMを使うにも、それにあう端末(SIMフリーのiPhoneや、docomoの白ロム)を用意しなければなりませんので、ゆっくりやっていこうと思います。

 

現在の回線契約を終わらせるためにかかる残りの費用は、
・自分の回線の解約料金
・妻の回線の解約料金
・妻のiPhone5cの機種代金の残債

といった感じです。
端末の残債は、解約すればその時点で精算額が決まるので、
無理に処理しなくても良いのですが、なんとなくそうしています。

 

 

と、今回はここまでです。

次のアクションとしては、格安SIMブランドの選定とSIMフリー端末の確保といったところです。iPhone6シリーズや、iPhone5sはアップルストアで購入可能ですが、MNPと同時に購入するのはやめておこうと思っています。
狙い目としては、docomoの白ロム(iPhone含む)を用意してみようかな、
という感じです。

さて、どうなりますか。
何もしなくても月額9000円近い通信料金って、
自分にとっては影響が小さくありません。

 

 

こういう本の製作に参加させていただいたので、
より意識が変わりましたね。
SIM

 

 

 

 

 

 

 

 

格安SIM&SIMフリースマホ パーフェクトマニュアル
発売日: 2014年8月23日
定価:1706円(税込)

 - Android, Apple, Digital, iPad, iPhone, MVNO, 生活