福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ

アナログからデジタルまでホビーならなんでも書くブログ

*

取材のある1日(福岡空港その3)

   

スポンサーリンク

こどもの日に福岡空港へ

JALさんのイベント取材でした。

小さい子供向けにいろんなサービスを。

JALさんは子供に対して、ホントに積極的にいろんな取り組みをしていて、スゴイなといつも思います。

近日公開予定の記事も子供が関連している記事ですので、こうご期待。

今回はカメラの”ISO”について

IMG_4362

こういう建物の中、人の目にはまあまあ明るく見えます。

でも、カメラの設定を屋外と一緒の設定で撮ろうとするとキツイときがあります。

シャッタースピードを遅く、絞りを開く、どちらも限界があります。

イベント取材では、できれば絞りは一定にしておきたい場合が多いですし、

シャッタースピードを遅くすると、人物を撮るときにブレます。

ですので、上記2項目についてはそれほど設定を変えず、ISO感度をあげます。

けっこう大胆にあげます。僕のカメラでISO800〜1600。

カメラによってはノイズが出てきますが、それは持ってるカメラの見極めが必要になりますね。

もっと上げても平気なものもありますし。raw処理でうまくノイズをとれたりするかもしれない。

僕のはそれくらい上げても全然大丈夫です。

ストロボも焚きます。

問題は急に場面が変わるとき

IMG_4372

今時のデジタルカメラであれば、心配ないかと思いますが、

今回の取材のように、屋内から屋外に移動して撮影が続くとき。

写真のようなピーカンの場面でISO1000とかになっていると、シャッターを押すと当然真っ白になります。

その時点で「ああ」と気付くでしょうが、先に下げておいてテストショットするクセをつけておくほうが良いでしょうね。

とりあえず外に出たらISO100にする。

シャッターチャンスがずっとつづく状況で、それを忘れると使えない写真を量産してしまうので、

落ち着いてISOを下げましょう。もちろん曇天の時は、最適なISOの値があると思いますので、

自分の中にデータとして蓄積させておきましょう。

もちろん逆の順序も考えられますよね。

IMG_4364

屋外の設定でもまだ明るい場合はレンズフィルターの導入を検討するのもいいかもしれません。

僕も使ってみようかな。

 - 仕事